【早くて安い!】おすすめの合宿免許サイト!2022年最新版!

カーライフ

運転免許を取得する場合、教習所へ通って取得する方法か合宿免許で取得する方法の2通りがあります。

教習所へ通って免許を取得する場合、約2~4ヶ月ほどの期間が必要なのに対して、合宿免許の場合は普通免許AT限定であれば2週間ほどで運転免許を取得できます。

ただ、「どの合宿免許を選べばいいの?」「おすすめの場所を知りたい」「少しでも安い場所で免許を取得したい」「合宿所を選ぶ基準を知りたい」など合宿免許を検討中の方はこんなことを気にする方も非常に多いです。

そこで今回は、早くて安く運転免許が取得できるおすすめの合宿免許検索サイトや合宿免許を選ぶ際のコツやポイントを紹介します。

こんな人におすすめ!

  • なるべく安く運転免許を取りたい!
  • なるべく短期間で免許取りたい!
  • 合宿免許を検討している!
  • 合宿免許の選ぶコツを知りたい!
  • 女性でも気軽に取得できる合宿免許を知りたい!

これから運転免許の取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

合宿免許とは

まずは、合宿免許について簡単に説明します。

合宿免許とは、一定の期間を教習所に付随する宿泊施設で過ごすことにより集中的に座学教習・実地教習を受講し、運転免許の取得を目指すことです。

基本的なカリキュラム(教習課程)は、教習所へ通って取得す方法と同じです。

普通自動車免許は、最短でオートマ車の場合14日、マニュアル車で16日程度となっています。

教習所へ通学の場合、短くとも2カ月ほどかかることを考えると、合宿免許は短期間で卒業できます。

また、合宿免許では教習のための料金の他に、宿泊費や食費などの料金もあらかじめパックになっていることが多く、スムーズな教習が受けられるのが特徴です。

合宿免許に入校するまでの流れ

合宿免許へ入校する流れは以下のようになっています。

  1. サイト等で合宿免許のプランを選ぶ
  2. 希望する教習所・入校日を決める
  3. 合宿免許に申し込む
  4. 入校案内に関する書類の確認をする
  5. 支払いをする
  6. 入校する

プランを選ぼう

合宿免許に入校するためにまず一番最初にすることが、希望や条件に合った合宿免許のプランを選ぶことです。

時期や教習所によって、お得なキャンペーンが出ていることもあるので、比較や検討をして希望の教習所プランを選ぶようにしましょう。

「たくさんありすぎて決められない」「どの教習所にしようか迷っている」「分からないからお任せしたい」そんな方には、後ほどプランを選ぶコツやおすすめ合宿免許検索サイトをまとめていますのでチェックしてみてください!

入校日を決めよう

プランが決まれば入校日を決めましょう!

例えば、「夏休み中に卒業したいから、8月上旬までに入校したい」「4月から就職だから就職前の3月中には取得したい」など事前に予定をしっかり立てて入校日を決めるようにしましょう。

申し込もう

プランと入校日が決まれば申し込もう!

基本的にネット申し込みの場合は最初に仮申し込みをしてから本申し込みという流れになります。。

✴︎仮申し込みがないサイトもあり

仮申し込みの段階では申し込みが確定しておりませんので、キャンセル・変更が可能です。

一般的に仮申込中や申し込みをしてから入校まで3週間以上期間がある場合はキャンセル料が無料となります。

3月や8月などの繁忙期は分単位でプランが売切れしてしまうので、気になるプランがある場合はとりあえず仮申込みをすることがオススメおすすめです!

確認しよう

教習所の空き状況を調整した後、確定した料金や本申し込みの案内、入校日や、学校までの交通ルート、入校日の持ち物リスト等が記載された案内書類が自宅に届きます。

書類に不備や間違いがないか確認しましょう。

支払おう

自宅に届いた案内書類に不備等がなければ料金を支払いましょう。

基本的には、現金一括払いと分割払いがあります。

具体的な支払い方法については各サイトや教習所で確認するようにしましょう。

入校しよう

入校までの手続きは以上で完了です!

あとは持ち物をチェックして、入校当日、集合時間に遅れないように出発しましょう。

入校すれば、後はカリキュラム通り座学や実習を受けるだけです!

入校に必要なものは以下の通りになります。

  1. 健康保険証(※原本のみ、コピー不可)or旅券(パスポート)orマイナンバーカードor住民基本台帳カード(写真入り)
  2. 印鑑(認印)
  3. 現金又はクレジットカード
  4. 筆記用具
  5. メガネまたはコンタクトレンズ(片眼0.3以上・両眼0.7以上の法律基準に満たない方)
  6. 着替え
  7. 日用品(タオル・歯ブラシ・シャンプー・石鹸など)
  8. 二輪コース(原付講習含む)の方は、長袖・長ズボン・手袋又は軍手。又、服装・履物は運転しやすく、肌の露出の少ないものが適切です。

✴︎その他必要なものはご自身で準備しましょう。

合宿免許の特徴

ここからは合宿免許ならではの特徴やメリットについてまとめて紹介します。

通学免許より安い

教習所に通うとなると、大体25万円〜30万円が相場と言われています。

一方合宿免許では、20万円以下で取得できるプランが数多くあります。

合宿免許の場合、ネット割や早割などのキャンペーンが頻繁に開催されています。

つまり安く免許を取得したいなら、通学免許よりも合宿に行くのが非常におすすめです

ほとんどの免許合宿プランには、教習費だけではなく、宿泊費+食事代(1泊3食)+往復交通費(卒業時支給)がセットになっているので非常にお得です

予定や計画が立てやすい

通学免許の場合は、次の日程や時間をその都度決める必要があります。

また、繁忙期はなかなか自分の思い通りの日程の予約ができなかったり、次回の教習まで時間が空いてしまったりと、予定が立てにくい時もあります。

しかし、合宿免許の場合は予約を取る必要もなく、あらかじめ期間が決まっているため、予定や計画が立てやすい環境となっています。

プチ旅行の気分を味わえる

免許合宿の合宿先は地方であることが多いです。

地方ならではのご当地料理を食べたり、空き時間には観光地を散策したり、温泉に浸かって身体を癒したりと旅行感覚で楽しめます。

教習以外にもプチ旅行気分が味わえるのも合宿免許の醍醐味です!

新たな出会いがある

合宿免許ではあらゆる地域の人たちが同じ目的を持って一同に集まるので、共通点も多く交友関係が広がります。

2週間も滞在するため、一度関係性を築いてしまうと一気に仲を深めることができます。

友達を作るのはもちろん、中には免許合宿で仲良くなりそのまま恋愛に発展!なんてことも多々あります。

もしかすると、この記事を読んでいるあなたも免許合宿で運命的な出会いがあるかもです!

合宿免許の選び方と7つのポイント

ここからは合宿免許の選び方を7つのポイントにまとめて紹介します。

取得する免許の確認

当たり前ですが、取得したい免許があるかどうか事前に確認するようにしましょう。

一般的に普通免許や自動二輪免許を取得する場合はどこでも取得できますが、トラック免許や特種免許に関してはプランがないところもあるので、専用プランがあるかどうか事前に確認するようにしましょう。

期間の確認

これも当たり前のことですが、入校日と合宿滞在期間を申し込みの際に何度も確認するようにしましょう。

ごく稀に、入校日が予定より1日ズレていたり、一週ズレていたなんてこともあります。

入校日を間違えたりすると大変なことになりますので、しっかり確認するようにしましょう!

●希望予算

合宿免許は通学免許よりも安いとはいえ、おおよそ200,000円近く入校費が掛かります。

また、合宿免許は年齢や時期、合宿場によって金額が数万円単位で変動するので、自分の予算に合っているかを事前に確認することが大切です。

学生さんなど少しでも入校費を抑えたい場合は、希望条件を下げることが大切です!

少しでも免許合宿の入校費用を抑えるポイント!

  • 閑散期(4月後半~7月前半、10月~11月)に入校する
  • グループ割学割、自動二輪割(普通二輪免許を取得していると総額1万円~2万円程安くなる)などの割引を有効に活用しよう!
  • 相部屋、自炊プランを選ぶ
  • AT車限定にする

延長保証付きプランの有無

基本的に合宿免許では、卒業試験に不合格になっても追加料金はかからないことがほとんどです。

しかしごく稀に延長保証がなくて、延泊期間分の金額を追加で請求されることもあります。

事前に延長保証付きプランかどうか確認するようにしましょう!

合宿免許のプランには1発で合格できるかどうか不安という人のために、1発で合格できなくても再試験費用、延泊費用がかからない安心プランを用意している教習所があります!

キャンペーン適用

合宿免許に申し込みをする際に、ちゃんとキャンペーンが適用されるかどうか確認しましょう!

予約サイトやプラン、期間によって適用されるキャンペーンは様々です。

グループ割学割、自動二輪割、先着10名などキャンペーン適応される場合は、電話等で確認することをオススメします。

宿泊施設のチェック

滞在する宿泊施設も確認するようにしましょう!

特に女性の方はセキュリティ面も考慮して選ぶようにしましょう。

合同部屋で鍵がついてなかったり同じフロアで男女が簡単に行き来できるような宿泊施設も多数あります。

トラブルや事故に巻き込まれないためにも、セキュリティが整っている合宿免許場を探すようにしましょう。

近隣施設

合宿施設は、田舎の地域や地方にあることが多いです。

施設の近くにコンビニやスーパーがない場所もあります。

自由時間には買いに出かけたり遊んだりできますが、あくまで合宿なので、門限などのルールは定められていいます。

最低限、施設から徒歩圏内で行けるコンビニやスーパーなどがある場所を選ぶことをオススメします!

施設の雰囲気

こちらは参考程度ですは、合宿中の様子や部屋の様子などネットに上がっている画像などでチェックしておきましょう。

実際に合宿免許に通っていた人たちがSNSなどで合宿の様子や施設の様子など多数投稿しています。

#免許合宿など検索して合宿場や施設の雰囲気を掴んでおきましょう!

また、免許合宿施設が運営しているSNSもあるのでチェックしてみると面白いかもしれません。

合宿免許おすすめ予約サイト3選

ここからはおすすめの合宿免許予約サイトを紹介します。

合宿免許受付センター

https://drivers-license.jp/より

合宿免許受付センターは、お得なコースやがわかりやすいシンプルな合宿免許検索サイトです!

夏割コースや自炊&お食事フリーコース、ひとりでおすすめコース、グループおすすめコース、二輪お得コースなど自由にコースを選ぶことができます。

早割や学割、G割(オフシーズン割)など様々な割引を実施しているため、費用を抑えたい方にもおすすめです

宿泊施設の説明や写真も多数アップしているので、現地での様子や雰囲気を想像しながら選ぶことができます。

また、一部の対象校ではTポイントも貯まるため、貯めたTポイントはTポイントの提携先で使ったり、提携先の商品などと交換することもできます!

yi(ユーアイ)免許

https://www.untenmenkyo-yi.com/より

yi(ユーアイ)免許は様々なコースがラインナップされており、どのコースを選んでも往復にかかる交通費は無料で、東京駅や大阪駅など大きな駅までバス送迎してもらうことができます。

宿泊先も、温泉宿だったりプライバシーを重視したホテルが多数あり、食事は毎日3食しっかりついているので1人女性の方でも安心して宿泊できます。

また、AT限定の場合、最短13日間で卒業ができます!(最短日数は、教習所や入校時期により異なります。)

合宿免許ドリーム

https://dream-licence.jp/より

合宿免許ドリームでは仮申し込みができます!

気になるコースやプランがあれば仮申し込みををして日程だけ抑えておけば、不安点を解消することができます。

また、公式LINEがあるため、疑問や相談したいことがあればや気軽に問い合わせができます!

サイト内には教習所ごとに口コミ記載されているため、迷っている場合は判断材料にもなります。

さらに、時期によってはクオカードのプレゼントキャンペーンを行っているため、お得に合宿所を探すことができます。

最後に

今回は早くて安く運転免許証を取得できるおすすめの合宿免許サイトと合宿免許を選ぶポイントを紹介しました。

今回紹介した合宿免許サイトは、それぞれ特徴や割引特典も異なりますが、他のサイトより安く入校できます!

合宿免許の入校可能枠は分単位で売切れしていきますので、気になった教習所があれば早めに申し込み(仮申し込み)をすることが大切です!

今回の記事を参考にして、自分に合った条件の合宿所を見つけ、ぜひ楽しい免許合宿ライフを過ごしてください!

今回紹介したサイト

合宿免許受付センター

yi(ユーアイ)免許

合宿免許ドリーム

にほんブログ村 車ブログ カーライフへ

〈合わせて読みたい〉

【超簡単!】月極駐車場が中々見つからない時の対処法!

【男子学生必見!】大学生が持っていたらモテる車!2022年 最新版

コメント

タイトルとURLをコピーしました