カッコ良すぎる!?トヨタ・レクサスの新型EVスポーツカー

カーライフ

2021年12月14日にトヨタの新型EVコンセプトカーの発表に伴い10台以上のクルマが公開されました。その中でもとりわけ異彩を放っていたのがこの2台です。

スポンサーリンク

トヨタの新EVスポーツカー

このモデルは、フロントのバンパーに「GR」(TOYOTA GAZOO Racing)のロゴが施されており、トヨタの高性能車ブランドであるガズー・レーシング(GR)初のEVとなる可能性があります。2007年に生産終了したトヨタMR2に似たボディをしている様に感じます。

レクサスの新型EVスポーツカー

こちらはレクサスエレクトリファイド・スポーツ』という名です。レクサスが2012年に限定500台で生産したスーパーカーであるレクサスLFAの開発や研究を通じて作りこんだ次世代のスポーツカーとなっており、EVで開発する予定です。

トヨタの豊田章男社長は説明会にてEVスポーツカーについてコメントしており、「『LFA』で磨いた“レクサス秘伝のたれ”を継承する次世代のスポーツカーを、BEVで開発いたします」とも説明しています。

両車とも詳しい詳細は出ていませんが、見る限り高性能なEVスポーツカーである事は間違いないですね。今後情報が公開され次第、随時紹介していきます。

にほんブログ村

〈関連記事〉

新たなコンセプトカーも!?トヨタ自動車が新型EV車を15車種披露!

トヨタ新型「ノア」「ヴォクシー」2022年1月デビュー決定!燃費は?価格は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました